イエスタデイズオールアメリカン保険

生命保険一般課程試験

生命保険業務に携わっている人が、資格や技術、知識を身に付けているのかどうかを判断する保険会社業界の資格の一つとして生命保険一般課程試験があります。この試験は生命保険会社の社員、生命保険を取り扱っている金融機関の人、代理店で働いている人など、新しく生命保険に加入してもらうための仕事についている人がお客様からの信頼を得るため、受験することができる試験です。

 

生命保険協会が主催する生命保険一般課程試験は、生命保険協会が定めている所定の単位を履修した上で、2か月以内に試験を受けることになっています。資格試験は月に1回実施されています。

 

生命保険一般課程試験を持っているということは、その人が生命保険に関する知識などを身につけていることが保障されているので、安心して生命保険の話を聞けるかどうかの判断材料になります。

 

生命保険会社で働いているセールスレディーや営業スタッフにとって、必ず持っていた方が良い資格ですので、生命保険会社も、新規で採用されたスタッフに会社が負担してでも生命保険一般課程試験の講習を受けさせて、受験させるというケースが多いでしょう。

 

パートで生命保険のセールスレディーになるという場合でも、まず最初の研修期間中に、知識を十分に頭に入れたうえで受験して、資格を取ってから仕事に就くというケースが多いです。一度資格を得ると生命保険会社で働く際に大変有利です。