生命保険の勧誘を断る方法

生命保険の勧誘を断る方法

生命保険には、成人になった人であればほとんどの人が加入しているもので、20代前半のあまり生命保険に加入することの意義をあまり重要視していない人であっても両親がかけてたりするものです。
生命保険会社には国内の会社であったり、外資系の保険会社など今はたくさんの業者があり、生命保険の見直しなどといって勧誘が多いというのが事実です。

 

生命保険会社出働いている保険外交員なども会社からノルマなどを言われていますので、どうしても勧誘せざるを得ないというのも現実なのです。
有名な大手の生命保険会社であれば、騙されるということはないと思いますが、本当に親身になってくれる保険外交員・ライフプランナーでなければ、さほど必要ではない金額の保険なども加入させられてしまうという事もありますので、自分自身でもある程度知識は持っておかなければなりませんし、信頼できる人にお願いするというのが一番です。

 

ですので、飛び込みで突然セールス・勧誘などに来た生命保険会社の外交員であれば、お断りするのが一番です。
ですが、人によってはなかなか断りきれないという人もいますし、勧誘の仕方もうまいですので「プランだけ作成させてください」などといって来る人もいますので、もちろん悪いことではないですが、そうするとなかなか断る理由が出来なくなるのです。

 

一番いい勧誘の断り方法とすれば、『親戚に生命保険会社に勤めている人がいますので、付き合いでそちらにお願いしています』といえば、ほとんどがあっさりと撤退するものですので、一度試してみるといいです。
生命保険の中でも比較的勧誘が少ないタイプとしては共済などがあります。

 

これは厚生労働省や農林水産省が管轄している農協や生協、全労災などで、組合員に加入していないと保険を組むことが出来ませんので、そのため飛び込みで勧誘というのも少ないようなのです。