生命保険の種類

生命保険の種類

生命保険の種類にもたくさんあります。
一般的には生命保険会社が取り扱う商品のことを生命保険と呼んでいますので、単純に死亡してしまった時に保険金が支払われる純粋な生命保険の他に、ケガをしてしまったり、入院をしてしまった場合に必要な入院費用・治療費・手術費などが支払われる医療保険、その医療保険と類似する保険としてがんや特定の病気のみに保険が支払われるがん保険、三大疾病保障保険、女性特有の病気にかかった時などの女性保険などがあります。

 

その他にも、自分の子供が成長して入学金などが必要になった時の為に、御祝い金や満期保険料などが支払われるこども保険・学資保険というのもあります。
その他にも老後の為などに積み立てをおこなう年金保険・積み立て保険などもあります。

 

主となる生命保険の中の種類としても、死亡するまで一生涯保障が続くという終身保険、一定期間保険を支払いその期間に死亡した時のみ保険金が支払われる定期保険、一定の期間生存していれば満期金を受け取ることが出来るという養老保険の3つに大きく分類されます。
一般に掛け捨てと呼ばれている保険が、定期保険に当たり、その分月々の支払う保険金額は安いのです。

 

一般的にこのような生命保険は生命保険会社が扱っている商品なのですが、同じような形態のものに共済というのがあります。
これは、その団体に加入している組合員が入れる生命保険のようなもので、主なものとすると農林水産省が監督官庁であるJA共済(農協)、厚生労働省が監督官庁である全労災、COOP共済(生協)などがあります。