東京海上日動火災保険

東京海上日動火災保険の会社概要

東京海上日動火災保険株式会社は、長年業界において最大手となってきた損害保険会社です。
2004年に業界再編の中で、日本ではじめての保険会社として1879年に設立された東京海上火災保険、1898年に設立された日動火災海上保険の合併によって誕生しています。

 

現在の取扱商品として人気になっているのは『トータルアシスト超保険』です。
生命保険、損害保険の多くある補償から家族構成、ライフプランに合っているものが提供されるというものです。

 

生活をめぐる状況の中でどういったリスクが考えられるのかといったことにもとづき、必要とされる補償について優先すべき順番を考え、『漏れ』や『だぶり』をなくした内容に組み立てていきます。
内容の見直しはいつでも行うことができ、どのタイミングでも補償内容を入れ替えることができます。

 

また、『トータルアシスト自動車保険』では事故の相手方への賠償についての補償、車に乗っていた自分たちについての補償、そして車についての補償が基本として用意されています。
それに加えてそれぞれ、3つの基本特約で補償を厚くすることができます。

 

賠償に関しては『弁護士費用特約』をつけることができ、自身の責任がなく示談について保険会社に交渉してもらうことのできないいわゆる『もらい事故』にも対応してもらうことができます。
また、事故で入院することになってしまった場合に関しては、『入院時選べるアシスト特約』が便利です。

 

差額ベッド代から身の回りで必要な品物のレンタル、家事を代行してもらうためのホームヘルパーの派遣、お見舞いへの御礼代など、多くの費用について補償してもらうことができます。
そして車の補償に関しては、『おくるま搬送時選べる特約』でレンタカーの手配、宿泊施設の案内などを受けることができ、費用のサポートも受けることができます。